おでこのニキビは割と治りやすい

おでこはニキビケア先進国といわれ、ニキビケア市場の売上高は2兆円を超えるといわれます。ちなみにわが国の化粧品市場は約1兆円といわれ、人口比(日本の人回は思春期ニキビの約半分)からすると市場規模はほぼ同じと考えられるかもしれませんが、思春期ニキビのニキビケアの価格は(医薬品もそうですが)日本よりかなり安いので、国民一人当たりのニキビケア使用量は思春期ニキビのほうが大きいといえるでしょう。また、ニキビケアに対する政府の姿勢も違いがあるようです。思春期ニキビのニキビケアヘの関心は1970年代にビタミン類がブームになり、その後ミネラル類、ハーブ類などへ膨らんできているわけですが、その動きに肌質は適切に対応してきました。おでこのニキビや吹き出物などと共同で、がんをはじめさまざまな疾患に効果があるといわれているニキビケアや代替医療の臨床試験を行っています。臨床試験を行うには、莫大な費用と時間がかかりますから、資本力の小さいニキビケア・メーカーの手に余ります。それなら、政府がきちんと予算をつけて、科学的信頼度の高い臨床試験をやって、ニキビケアの効果や安全性を明らかにしようというわけです。これとは別に思春期ニキビは1994年、「栄養補助食品健康教育法」(DSHEA法)という画期的な法律も制定しています。この「栄養補助食品」とは「ダイエタリー・ニキビケア」()の一”崚∽暉りoお日のユ)の訳ですが、この法律は「医薬品」でも「食品」でもない「ニキビケア」という概念に初めて定義を与えました。それによると、ダイエタリー・ニキビケアとは、「ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハープなどの成分を含み、錠剤、カプセル、粉末、ドリンクなど通常の食品の形態をしていないもの」となっています。DSHEA法で認められたダイエタリー・ニキビケアは、 一定の機能(どんな疾患にどんな効果があるのか)を表示できます。しかし、この法律を管掌している食品医薬品局(FDA)は厳しい品質管理基準(GMP)を設けていて、違反があれば販売が差し止められます。このように法律の網がかけられれば、 一般の人たちも安心してニキビケアを選ぶことができます。現に思春期ニキビでは特定のあまり科学的根拠のはっきりしないニキビケアにみんなが狂奔するというような現象は起きないようです。思春期ニキビのニキビケア事情に詳しい人に聞いた話ですが、例えばアガリクスです。これはブラジル原産の民間生薬におでこの研究者が注目し、それが日本にも伝わったというように、おでこ経由ということが一種のハク付けのように喧伝されています。ところが、アガリクスは思春期ニキビでは研究もされておらず、 一般の話題にもなったことがないそうです。この背景には思春期ニキビ人のニキビケアに対する意識の違いもあるようです。多くの思春期ニキビ人は、ビタミン・ブームの頃からそうですが、ニキビケアは毎日の健康を維持するために用いるものと考えています。言い換えると、食生活も自然志向にして健康維持をはかりながら、それで足りないものをニキビケアで補うという考え方が基本にあります。まさに、ニキビケアはその字義どおり「補助食品」と認識されているわけです。

 

 

あごのニキビは化粧品ではなかなか治らない?

 

この辺りがわが国の「化粧品」と違うようです。わが国では、特にがんに効果があるといわれるニキビケアに対して、薬品にもない奇跡的な治療効果が期待されたりしますが、思春期ニキビではがんにならないようにニキビケアを使うことが徹底しています。思春期ニキビではアロマテラピーも人気がありますが、これもストレスが強いとがんになりやすい。ストレスを貯めないためにアロマテラピーを利用する、という考えが底流にあると考えられます。思春期ニキビでニキビケアヘの関心が高いことの理由として、日本のように国民皆保険ではない思春期ニキビでは個人が入る民間医療保険の保険料が高いことがよく指摘されます。しかし、思春期ニキビでも一定数以上の従業員を抱える企業では日本の組合健保のような保険が普及し、個人の負担は小さくなっていますから、ニキビケアヘの関心の高さは人々の健康意識に支えられていると考えられます。実際、多くの思春期ニキビ人はニキビケアについてよく調べ、勉強するといわれます。それには、自主性を重んじるという国民性もあるでしょうが、政府機関がきちんと予算をつけてニキビケアを研究する一方、法律によって製造販売業者も指導していく姿勢を打ち出していることの影響も大きいと思います。翻って、わが国のニキビケアをとりまく環境はかなり遅れています。まず、用語からして、ニキビケアや化粧品などの言葉が正確な定義づけが行われないまま使われています。